離乳食を遅く始めるとどうなる?メリット・デメリットまとめ!

小ネタ

赤ちゃんの離乳食はだいたい生後5か月~6ヵ月頃から始めると言われています。

近所に生後10ヵ月の赤ちゃんがいるのですが、まだ離乳食を始めておらずミルクと母乳のみと聞き、「遅くても大丈夫なのかな?」と思いましたので、余計なお世話ですが調べてみました。

今回は、離乳食が遅いとどうなるのか、メリットとデメリットをまとめてみました。

Sponsored Link

離乳食を生後5か月~6ヵ月で始めるのが良い理由

離乳食

まず、一般的には下記のような様子が見られたら離乳食の始め時だと言われています。

  • 首がしっかり座っている
  • 手で支えてあげると5秒以上座っていられる
  • 人が食べている姿を見て、じっと見たりよだれが出る
  • 食べることに興味を持ち、欲しそうにする
  • 手にしたものを自分の口に持っていく

個人差はあると思いますが、このような様子が見られ始めるのが、だいたい生後5か月から6ヵ月くらいとのことです。

この時期に始めるのが良い理由として、小児科専門医で医学博士の工藤紀子医師はこのように言われています。

生後5ヶ月~6ヶ月になると母乳やミルク以外のものを食べ始める準備が整ってくるからです。
引用元:the kindest

また、生後5か月~7ヵ月になると、母乳やミルクを飲もうとする哺乳反射が消失していく、ということも理由に挙げられます。

我が家は1人目は生後5か月半から、2人目は生後6か月から離乳食を始めて、2人とも割と順調に進んだ記憶があります。

子供が食べることに興味を持ったタイミングで始めると、やはり食いつきが良かったですし、ご飯を見て「食べたい」というように手足をバタバタさせてる我が子を見るのも可愛かったですねw

離乳食に限らず、子供が興味を持っていない状態で新しいことを始めても、反応は薄いですし上手く進めたくても進められないのではないかと思います。

そう思うと、やはり食べることに興味を持ったタイミングで始めるのがベストだと個人的には思いました。

Sponsored Link

離乳食を遅く始めるとどうなる?メリットとデメリット

それでは、離乳食を始めるのが遅くなると何か子供に良いこと・悪いことはあるのでしょうか。

まずはデメリットから見ていきましょう。

デメリット:栄養不足になる可能性がある

母乳にはたくさんの栄養素が含まれていますが、生後6か月頃からは母乳や育児ミルクだけでは栄養が足りなくなるそうです。

特に “鉄分” 不足になる可能性があるそうです。

離乳食を与えることで栄養を補うことができますが、この時期に始めていない場合はそれができないため栄養不足になる可能性があるとのことです。

また、母乳やミルクだけでは腹持ちも悪く体重も増えないので、7ヵ月頃までには始めるのがベターだそうですよ。

メリット:子供の内臓に負担がかからない

赤ちゃんの内臓はまだまだ未熟です。

しかしながら、離乳食が遅いとそれだけ子供も成長・発達してからのスタートになりますから、内臓にかかる負担が減りますね。

Sponsored Link

まとめ

以上、離乳食が遅い場合のメリットとデメリットを調べてみました。

遅いスタートの方がアレルギーの予防になる、なんて話も聞いたことがありますが、科学的根拠はないそうです。

また、医師によっても適齢期に始めた方が良いという方もいれば、1歳頃からでも大丈夫、という方もいるようで、まとめると結局は「子供次第」なところがあるなと。

6ヵ月頃から始めても、子供が嫌がってお互いにストレスになるくらいなら、もう少し母乳やミルクのみで様子を見た方が良いでしょうしね。

まぁ、栄養面や体の発達以外にも、手づかみすることで指先を使ったり、口をモグモグ動かすことによって脳への刺激にはなると思うので、個人的には親の精神面に余裕がある場合は生後5か月~6か月スタートが良いのでは、と思います。

親子ともどもストレスなく始められると良いですね。

Sponsored Link
小ネタ
きいろをフォローする
きいろピックアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました